友達と二人途方にくれていたら、そこの駅長さんが見かねて「どうしたの?」と声をかけてくれた

415 : おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:04/05/27 21:24 ID:IxuAtM3e [1/2回]
昔群馬県のあるところに蛍を見に行ったときのこと。
その日は町をあげて蛍祭り。
わざわざ東京から新幹線で行ったのに雨が降っていて
ぜんぜん蛍が見られなかった。



しかも蛍を探してふらふらしてたら電車が終わる時間に…。(9時くらい?)
泊まるにしてもそんなにお金が無いし、年に一度の蛍祭りなのでどこも満員。

友達と二人途方にくれていたら、そこの駅長さんが見かねて「どうしたの?」と声をかけてくれた。
わけを話すと、「そうか…」としばし考え、駅員さんに「○さん呼んできて」と。

○さんは「なんだよ、俺帰ろうと思ってたのに」とぶちぶち言いながらやってきたが
話を聞くと、「そういうことならうちに泊まりに来なよ。今空いてるし、出せる金額でいいよ。」
○さんは少し離れたところのホテルの支配人だった。

そんな時期に空いているだけあって離れた場所にあるホテルに○さんは自分の車で送ってくれて
途中「蛍見られなかったでしょ」と蛍が見られる秘密のスポットまで寄ってくれた。

駅長さんに話すまでにも心配してくれたたくさんの人たち、駅長さん、○さん、
本当に本当になんて良い人たちばかりなんだろうと思った。
いつかまた行きたいと思いながらもう5年くらい経つけど、元気にしているかなぁ。




元スレ:http://life5.2ch.net/test/read.cgi/baby/1096561965/




おすすめ記事
おすすめ記事
『いい人・やさしい人』カテゴリの関連記事
ほのぼの交差点 先月 の人気記事

コメント


コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PR
最新コメント
リンク
あんてなサイト
逆アクセスランキング
ブログパーツ