あの夕暮れ時。あの頃が1番我が家が幸せだったよね。

252 :1/2:2005/09/24(土) 01:05:09 ID:a3/tFGg5
なんか泣けてしょうがない

夕方仕事の帰り道、建設中の家があってさ。
まだ木の骨組み状態で、その中に電球が2つ灯ってた。
うちも、私が10歳の頃に建て直したんだけど、
当時↑の状態で夕暮れ時に、1人で家を見に行ったことを
思い出した。



立て直す間は、校区内の借家に住んでて、
その日は確か土曜日で、学校が終わってから、
自転車に乗れなかった私は、歩いて家まで行った。
そして、近所の友達と久しぶりに遊んで。
楽しくて、気がついたら日が暮れていた。
10月ぐらいだったと思う。
(わあ…歩いてくのはわけないけど、こんな
暗くなるまで遊んじゃったよ…)
とか思いながら自分の家へ行くと、車があって、父が来ていた。
会社帰りに寄ったんだね。
「おっ。歩いてきたのか!?」
借家から徒歩だと30分くらいあったので、父は軽く驚いていた。
そんで、車に乗って一緒に借家の方へ帰った。




253 :2/2:2005/09/24(土) 01:06:39 ID:a3/tFGg5
もう数年前に家のローンは繰り上げ返済して、
来年は定年の父。
家建てるのって、男のロマンだよね?
ひょっとしたら毎日家を見に寄ってたかもしれないね。
(私だったらそうするな)

それから数年して私はやさぐれてしまい、
ふと気づくと家族の会話がなくなっていた。
あの夕暮れ時。あの頃が1番我が家が幸せだったよね。
って、今日その家見ながら思ったんだ。
何か心だけ、あの日に帰ったような気がした。

お父さん、ごめんじゃすまないね。
早く孫を見せれるようがんばるよ。




元スレ:http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1123144290/




おすすめ記事
おすすめ記事
『うっかり萌えた父親のエピソード』カテゴリの関連記事
ほのぼの交差点 先月 の人気記事

コメント


コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PR
最新コメント
リンク
あんてなサイト
逆アクセスランキング
ブログパーツ