じゃあねって別れようとしたら、その子が「半分こしよ」って自分の分のを半分にわってくれました。

69 名前: 名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日: 2000/11/08(水) 23:23
北海道は雪です。寒いス。
で、ちぎれそうなくらい寒いのを我慢しながら歩いていると、顔見知り
の男の子(八つくらい?)がもう10時くらいだというのに道の
はじっこでしゃがみこんでました。



通学時間と通勤時間が同じくらいで、200メートルばかりの道が
一緒になるだけの子なんですけども。
「どうしたの?」と声をかけると、半べそかきながら事情を話して
くれました。
寒いからコンビニで肉まん買ってきて食べようという話になり、おつ
かいに出されたそうなんだけれども、うっかりこけてお金を落として
しまったそうな。
私も用事があったので一緒にコンビニへ行き、肉まん3つ買ってあげ
ました。
じゃあねって別れようとしたら、その子が「半分こしよ」って自分の
分のを半分にわってくれました。
まあ、自分で支払ったものなんだけど、いい子だなあ……と思って
なごみながら帰ってきて、2CHにこういうスレがたったんだなあと
またなごんだとこです。




元スレ:http://yasai.2ch.net/doujin/kako/973/973595527.html




おすすめ記事
おすすめ記事
『あなたの心がなごむとき』カテゴリの関連記事
ほのぼの交差点 先月 の人気記事

コメント


コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PR
最新コメント
リンク
あんてなサイト
逆アクセスランキング
ブログパーツ