FC2ブログ


彼女の母親が俺の高校の時の生物部の顧問だった。ミス・マープルに感じが似てる面白いおばちゃん。

157 : 恋人は名無しさん[] 投稿日:2008/07/23(水) 22:53:05 ID:JdVLxWIK0 [1/1回(PC)]
彼女の母親が俺の高校の時の生物部の顧問だった。ミス・マープルに感じが似てる面白いおばちゃん。
「○○くん、うちの娘がね、そっちの大学にいくのよね。それで下宿探しとか相談に乗ってやってよ。△△子ちゃん(同級生)にも頼んだけど」
娘さんがいるのは知っていたが会ったことはなかったし、顔も名前も知らなかった。



ところが数日後
「約束の日ねえ、△△子ちゃんの都合が悪くなっちゃって。○○くん、悪いけどお願いね」
「はあ・・・でも、いいんですか、その、ほら、俺と娘さんが男女2人で」
「あら、うちの娘でもそういう需要があるのかしら。ケラケラケラ」
正直、ちょっとわくわくした。不安もあったがw

彼女と初対面時。期待の当社比3倍増しの可愛い子が来た。
「○○さんてかっこいいなあって、いつも母に話してたんですよ」
「・・・そうなの? 先生というかお母さんは何か言ってた?」
「え? 真面目な生徒だったって言ってますよ。」
「好きな男性のこともお母さんと話したりするわけ?」
「隠してもバレますし。○○さん好き~って母にも言いまくってましたから。それで今日は許可とってきました」
「これってデートなの?」
「いえ、本当は大学の下見なんですけど。でもデートじゃだめですか?」
あまりに楽勝で都合良すぎる展開に舞い上がってしまって、その日のうちに「付き合ってみよう」ということになった。
今考えると初対面の子を外見優先で決めたわけで、危険な橋を渡ったもんだけど結果がよければ何でもいいよね。

「○○くん、娘がお世話になってありがとう。迷惑かけなかった?」
「いえ、そんなことは。楽しかったです。マンションも良さそうなのがありましたし」
「娘も楽しかったみたいよ。いろいろ聞いたわよ」
「えーと、何をでしょう?」
「(笑) お付き合いするんでしょう?」
「あ・・・・すいません。ほんとにすいません。でも、きちんとしたお付き合いしますから」
「大丈夫よ、これっきり口出さないから。しっかり面倒みてやってよ。信用してるんだからよろしくね」

これが6年前の話。高校生の頃は、あのおばちゃん先生の義理とはいえ息子になるとは思わなかったなw




158 : 恋人は名無しさん[sage] 投稿日:2008/07/25(金) 00:41:19 ID:tv0njdx70 [1/1回(PC)]
ええと、初対面だよね
むこうはその前から知ってたの?




159 : 恋人は名無しさん[sage] 投稿日:2008/07/25(金) 01:38:58 ID:6Y4wGpGJ0 [1/1回(PC)]
>>158
文化祭や高校の交流発表会のために、生物部のみんなで何度も先生のお宅にお邪魔していたので
彼女は俺のことを知ってたといってる。
・・・・けれど、少なくともそういう場には彼女は出てこなかったし、
家の中を歩いてるのをちらりと何度か見ただけ。
彼女は1回、挨拶したと言ってるけど、どちらかの記憶違いだと思う。
実際、顔も知らなかったのでこういうのを対面とは言わないんじゃないかと。




元スレ:http://love3.2ch.net/test/read.cgi/ex/1198681365/




おすすめ記事
おすすめ記事
『告白したときされたとき』カテゴリの関連記事
ほのぼの交差点 先月 の人気記事

コメント


コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PR
最新コメント
リンク
あんてなサイト
逆アクセスランキング
ブログパーツ