ファミコンやってる俺とその友達に溶け込もうと必死だった父。

840 :おさかなくわえた名無しさん:2005/11/29(火) 22:20:31 ID:0mYOXI3K
ファミコンやってる俺とその友達に溶け込もうと必死だった父。
けっきょく南極大冒険では面クリアして各国の国旗が出るのを見てしきりに感心して見せていた。



そんなオヤジが始めてコントローラーを手にしたゲームはタイトーのフロントライン。両膝を脱臼してもなお不屈の闘志で戦う勇敢な兵士のゲームであった。
結構面白いもんだなあなどと言ってたが父よ、コントローラー持つ際にコードを引っ張った振動で、ゲームはバグってて戦車やら敵兵やらが無茶苦茶な動きをしているし、当然ながらコントローラーの操作などうけつけてなかったのだぞ。

それから数年後、ゲームへの風当りが強くなってきた頃のこと。
父にどやされながらドラクエ2の復活の呪文を書きとめ、ファミコンの電源を切る。そして父は仏頂面でNHKにチャンネルを合わせる。

そんな父があるとき吹いていた口笛は、ドラクエの城の曲であった。




元スレ:http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1123144290/




おすすめ記事
おすすめ記事
『うっかり萌えた父親のエピソード』カテゴリの関連記事
ほのぼの交差点 先月 の人気記事

コメント


コメントの投稿

PR
最新コメント
リンク
あんてなサイト
逆アクセスランキング
ブログパーツ