「きれいだな~」と思って毎日眺めているうちにそのお花達を育てている おばあさんと少しづつ話をするようになったのです。

935 :おさかなくわえた名無しさん:2005/08/06(土) 15:37:04 ID:+v9xTiVy
今から3年程前、私がまだ高校生だった頃の話です。


通学途中のこじんまりとした住宅の庭に綺麗なお花の咲いた鉢が並んでいました。
「きれいだな~」と思って毎日眺めているうちにそのお花達を育てている
おばあさんと少しづつ話をするようになったのです。

そのうちそれが楽しくなり、私も毎朝ではありませんが家を少し早く
出ておばあさんとの話をする時間を取るようになってきました。
お花の色々な話を本当に嬉しそうに、優しい目で話してくれたものです。

東京の大学に受かった事を話したときも本当に喜んでくれて、
「東京でも優しい気持ちだけは忘れないでね。」とお花の種もくれました。

ところが・・・、
大学一年の夏休みで帰省した時、おばあさんの家に遊びに行ったのですが、
おばあさんは既に亡くなってしまっておりました。
突然のことだったそうです。

お線香をあげさせていただいたときに、お家の方が話してくださいました。
○○ちゃん(私の事)にお花を見てもらうのが本当に嬉しくって、
おばあさんの具合がどんなに悪い日でも「今日、あの子達(お花達の事)の
具合はどうかねぇ。綺麗に咲いてくれてるかしら」と必ずお花の様子を
見てくださったそうです。
私は、その場で恥も外聞もなく号泣してしまいました。

今でもおばあさんのくれた種は綺麗に花をつけます。




元スレ:http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1109164296/




おすすめ記事
おすすめ記事
『いい人・やさしい人』カテゴリの関連記事
ほのぼの交差点 先月 の人気記事

コメント


コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PR
最新コメント
リンク
あんてなサイト
逆アクセスランキング
ブログパーツ