「お父さん、朝だ」そういって揺すった私の手を掴み 延々とその晩見た夢の話を聞かされた。

604 :おさかなくわえた名無しさん:2006/04/12(水) 11:22:38 ID:+Qixe0ru
朝、母の代わりに父を起こしに行った私。
「お父さん、朝だ」そういって揺すった私の手を掴み
延々とその晩見た夢の話を聞かされた。
しかも、奴は半分寝ていた。



「なんかね…ウマを拾ったの…白いウマ…」
こんな感じで話していた。

「今日は随分と長かったね。最後まで聞かないで
適当なところで降りてくればよかったのに」と言う母。
いつもああなのか…

そんな親父も来年定年。ガンガレ!親父!




605 :おさかなくわえた名無しさん:2006/04/12(水) 11:47:45 ID:gdF4/pQk
>>604
寝ぼけて夢の話をするパパン・・・萌えるなw




606 :おさかなくわえた名無しさん:2006/04/12(水) 12:29:17 ID:62yfhHI8
>>604
ウマを拾った夢を見る親父に萌えるな…しかも白馬。




元スレ:http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1140059750/




おすすめ記事
おすすめ記事
『うっかり萌えた父親のエピソード』カテゴリの関連記事
ほのぼの交差点 先月 の人気記事

コメント


コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PR
最新コメント
リンク
あんてなサイト
逆アクセスランキング
ブログパーツ