猫は父に一番懐いており、 食後は寝転んで寛ぐ父によじ登り、仮眠をとるのが習慣になった。

876 :おさかなくわえた名無しさん:2006/05/01(月) 22:43:15 ID:uuUZ3tee
食事時になると猫がおこぼれをあずかりに来るのだが、
猫に甘い父は抵抗することができない。



それどころか仕事帰りに自ら魚肉ソーセージを購入し、
猫の一口大にちぎって食卓に等間隔に並べ、
「いただきます」「ごちそうさまでした」と猫に合掌させている。

当然猫は父に一番懐いており、
食後は寝転んで寛ぐ父によじ登り、仮眠をとるのが習慣になった。
父以外の人間には絶対にそんな接し方はしないので、
父は家族じゅうの嫉妬をかっているが、父はそれをとても自慢にしている。

そんな猫に骨抜きの父は、
アイロンパーマ、恰幅の良い体型、専門は武道で生活指導も受け持つ体育教師です。




877 :おさかなくわえた名無しさん:2006/05/01(月) 22:52:26 ID:y2w4uBj4
厳格な親父さまほど犬猫に甘いんだよなぁ…
ギャップにモエス




878 :おさかなくわえた名無しさん:2006/05/01(月) 23:35:19 ID:82npaDNj
>>876
お父さん登りをするぬこ(*´д`)ハァハァ




元スレ:http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1140059750/




おすすめ記事
おすすめ記事
『うっかり萌えた父親のエピソード』カテゴリの関連記事
ほのぼの交差点 先月 の人気記事

コメント


コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PR
最新コメント
リンク
あんてなサイト
逆アクセスランキング
ブログパーツ