小学生の女の子が好きそうな、おもちゃを手に眉間に皺を寄せる父。

751 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/07(月) 19:09:32 ID:ft6+re0v
私が小学生クリスマス前後の時の話です。


いつもは厳しく、テストで良い点をとっても誉めてくれなかった父。
ホントに怖くて、いたずらをして夜外に出されたこともあり父が苦手でした。
そんなある日、学校帰りに、父がおもちゃ屋に入っていくのを見つけ、つけていくと小学生の女の子が好きそうな、おもちゃを手に眉間に皺を寄せる父。
考え込んでは近くにいる店員さんに何か話しかけ、たまに近くにきた私と同い年の子と話をしたりしていました。
父が帰った後、店員さんに、それとなく聞くと父は毎日、来てはクリスマスのプレゼントを吟味しているとのこと。
翌日も張っているときました。その次の日も、クリスマスイブまで毎日、考えていました。
続きます




752 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/07(月) 19:22:51 ID:ft6+re0v
思えば、父は毎日同じ時間に帰宅する人だったのに、ある時から急に遅くなりました。
それは、おもちゃ屋通いが始まってからです。
あんな堅物な父がと、当時はとても嬉しかったです。
クリスマス翌日、「サンタさんからプレゼントはあったか?」と聞く父に、ニヤニヤしながら「サンタさんは〇〇〇屋で買ったんだよね、一ヶ月前に日本に来て、下見してから」と言うと、
Σ( ̄□ ̄;)!!な顔をしていました。
もう、そろそろ父が逝って3回目の夏がきます。
懐かしくて書き込んでしまいました。




元スレ:http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1147097345/




おすすめ記事
おすすめ記事
『うっかり萌えた父親のエピソード』カテゴリの関連記事
ほのぼの交差点 先月 の人気記事

コメント


コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PR
最新コメント
リンク
あんてなサイト
逆アクセスランキング
ブログパーツ