山ほどののイカの刺身と鯵の‘なめろう’の酢漬けが 箸をつけずに台所に置いてあった。

767 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/08(火) 01:03:40 ID:rDabLu9S
うちの父は、昔は子供に一向に構わなかったような感じの人なんだけど
私が家を出て上京してからぶっきらぼうに帰省をせかすようになった。



一度、実家帰宅時間が遅くなったらもう寝てて
でも、山ほどののイカの刺身と鯵の‘なめろう’の酢漬けが
箸をつけずに台所に置いてあった。
「父さん昼から鯵さばいてたのよー?」とは母の弁。

‘なめろう’の酢漬けは、酢を入れるとどんどん締まっていくから
本当は食べる寸前に酢を投入しなきゃいかんのだけど
私が来るの待ちきれなかったんだね。完成したらすぐ帰ってくると思ったのかな。
今年の夏は私が‘なめろう’を作らにゃあ。酢に漬けずにお茶漬けにしてもんまいよ。




元スレ:http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1147097345/




おすすめ記事
おすすめ記事
『うっかり萌えた父親のエピソード』カテゴリの関連記事
ほのぼの交差点 先月 の人気記事

コメント


コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PR
最新コメント
リンク
あんてなサイト
逆アクセスランキング
ブログパーツ