結婚式場に向かう為に家を出る時、父が一つの小さな紙袋を渡してくれた。

903 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/17(木) 01:21:54 ID:x2MvhAQm
お嫁に行く事になった。


結婚式場に向かう為に家を出る時、父が一つの小さな紙袋を渡してくれた。
「式場についたらあけなさい」
なんだろう?と不思議に思い式場につき、開けてみた。お弁当だった。

小学生入学後初めての遠足の時、
母親は妹弟(双子)のお産の為入院してた。
祖母がお弁当を作ってくれるんだろうなって思ってたら、
普段は全く炊事をしない父が作ってくれた。
不器用な父が作ってくれたお弁当は、
卵焼きが焦げてたり、おにぎりの具がはみだしてたり、
不格好ながら、とっても嬉しかった。

お弁当の中身はあの時と一緒だった。
母に聞いたら、私が喜んだ事が嬉しくて、
お嫁に行く時に渡す!と練習してたそうだ。
ちょっと甘い卵焼き、あの時より綺麗に焼きあがってた。




元スレ:http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1147097345/




おすすめ記事
おすすめ記事
『うっかり萌えた父親のエピソード』カテゴリの関連記事
ほのぼの交差点 先月 の人気記事

コメント


コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PR
最新コメント
リンク
あんてなサイト
逆アクセスランキング
ブログパーツ