父親は、「凸の間を微妙にハンドルを切って走って、音が鳴らない様にする」と いう遊びを一人でしてたらしい。

179 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/25(月) 17:04:46 ID:c8PMoHhL
高校生の頃、父親と二人で車に乗っていた。


その頃は無口な父親で、こっちから話し掛けても、ぶっきらぼうにしか返事を
しない。
車の中はラジオから流れる音楽だけ。
走っている真っ直ぐな田舎道には十字路のたびに、速度を落とす為の凸って
形のモノが付いていた。
そして、十字路にさしかかるたび、車は微妙に横の動き&ボコボコボコッっ
て音が鳴る。

ある十字路にさしかかろうとした時「おっ!!」っという父親の嬉しそうな声&
ボコボコボコって音はしなかった。

私:「もしかして、車をハンドルを微妙に切って、凸の隙間走ろうとしてた…?」
父親:「うん」
私:「さっき、ボコボコって音しなかったのって、隙間ピッタリに通れたんだ?」
父親:「そう」と少し嬉しそうに答えた。

父親は、「凸の間を微妙にハンドルを切って走って、音が鳴らない様にする」と
いう遊びを一人でしてたらしい。

仕事人間だとばかり思ってたから、ちょっと萌えたw




元スレ:http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1156778240/




おすすめ記事
おすすめ記事
『うっかり萌えた父親のエピソード』カテゴリの関連記事
ほのぼの交差点 先月 の人気記事

コメント


コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PR
最新コメント
リンク
あんてなサイト
逆アクセスランキング
ブログパーツ