友人の結婚式に祝電を打ったときのこと。 なにかインパクトのあるものをと考えて、短歌に挑戦することにした。

522 : おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/01/31(水) 17:48:49 ID:ZngtyCYe [1/1回]
友人の結婚式に祝電を打ったときのこと。


なにかインパクトのあるものをと考えて、短歌に挑戦することにした。
万葉集で「春」の枕詞を探し出して(「うちなびく」なんて初めて知ったw)
ヘタなりに一生懸命作って115に電話した。
文面を声に出すのがちょっと照れくさかったけどさ。

そしたら115のおばちゃん、最後に確認するとき
「では本文。スウゥー(息吸い込む)、うち~なび~く~…」って
百人一首の読み手のように朗々と読み上げ始めた。
NHKの加賀美さんのような美声だった。
最後に少し笑いながら「いい歌ですね」とまで言ってくれた。
115ではいつも機械的な応対ばかりだったので心底びっくり。
そしてとっても嬉しくなったんだな。おわり。




元スレ:http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1164714053/




おすすめ記事
おすすめ記事
『いい人・やさしい人』カテゴリの関連記事
ほのぼの交差点 先月 の人気記事

コメント


コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PR
最新コメント
リンク
あんてなサイト
逆アクセスランキング
ブログパーツ