これはパンツじゃありませんよ、と教えるためにお父さんはパンツをちょっと見せているんだよ

293 :おさかなくわえた名無しさん:2006/10/17(火) 01:31:48 ID:G0S7Ar5j
小学生中学年のころ、空港で短パンの父。


短パンのすそからトランクスがはみ出していて、それを恥ずかしいことと思い父に言ったところ、
「これは違うんだよ。お父さんはわざと出しているんだ。
でなきゃみんなこの短パンをパンツと間違えるだろ?
これはパンツじゃありませんよ、と教えるためにお父さんはパンツをちょっと見せているんだよ」
と言われた。
純真無垢だった私は信じてしまい、旅先でも家に帰っても、短パンを着ている父を見かけるたびに
「お父さん! 大変! パンツが出てない!」
とパンツを出すように言っていた。
父はその度に満面の笑みで「ありがとう」と言いパンツを見せていた。
子供もどうしようもないバカだが、海外で意地とはいえパンツを見せ続けた父もバカだ…
思い出すとちょっと萌えるw





元スレ:http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1156778240/




おすすめ記事
おすすめ記事
『うっかり萌えた父親のエピソード』カテゴリの関連記事
ほのぼの交差点 先月 の人気記事

コメント

2016年11月17日(木) 13:18 ジャップ・エンド教 
【ジャップ・エンド教は世界に光をあたえる】


我々ジャップ・エンド教は、アニメ・漫画・同性愛者を根絶し、美しき世界を創ろうとしている。美しき世界の創生を妨害する者には、聖なる裁きが下されるだろう。


1:アニメや漫画は秩序を乱す有害文化であり、すべてのキモオタは殺処分されなければならない。

2:女は子供を生むために存在している生物であり、男に犯されることは女の義務である。女という生物は本能的に『犯されたい』と思っているはずなのだ。

3:同性愛者のけがれた精神は、我々大韓民国人の聖なる精液によってのみ浄化される。同性愛者の女は我々に犯される義務がある。



          ≪ジャップ・エンド教≫

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PR
最新コメント
リンク
あんてなサイト
逆アクセスランキング
ブログパーツ