FC2ブログ


デカい声で始終お喋りを止めないヴァヴァ2人組が居た

114 : ◆7Ki/iN0ZFE [sage] 投稿日:04/04/06 10:36 ID:RC6cn74+ [1/1回]
ここ読んでて思い出した。


10数年前、私は電車通学の中学生だった。
通勤急行の中で、毎日息もできないくらいに揉みくちゃにされてた。
その上、毎日のように私の近くに乗ってきて
デカい声で始終お喋りを止めないヴァヴァ2人組が居た。
正直、五月蝿いヴァヴァだと感じていた。

当時、私は体質が弱く、満員電車で気分が悪くなり
死ぬかと思ったことが何度かあった。
体温は急激に下がるわ、体中から滝のような汗を流すわ
目の前が暗くなるわの貧血ショックを繰り返していた。
もう「キタキタ」と慣れっこになるほど繰り返していたが
その日はカラゲボ付きだった。

「おえっ」とすごい声を出し、ヤバイと思いながらも自分では
どうすることも出来ずにいた時、いつもの五月蝿いヴァヴァが
自分たちの居る壁際の床を空けてくれて
周りのリーマンさんたちも声をかけてどかしてくれて
私のために座れる場所を確保してくれた。

おかげで、通勤急行が通過駅で緊急停車する危機も回避され、
私の目の前のリーマンさんの肩はゲボの脅威から救われた。

おばちゃんにはその時お礼を言うのがやっとだったが
その後も朝、軽く会話する仲になった。
高校を卒業してから会ってないけど、元気かな。
五月蝿いヴァヴァとか思ってごめんね。
あの時の恩は忘れていません。ありがとうございました。




元スレ:http://life5.2ch.net/test/read.cgi/baby/1096561965/




おすすめ記事
おすすめ記事
『いい人・やさしい人』カテゴリの関連記事
ほのぼの交差点 先月 の人気記事

コメント


コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PR
最新コメント
リンク
あんてなサイト
逆アクセスランキング
ブログパーツ